納豆とヨーグルトのコンビネーション便秘対策

最も酷かったのは10代の頃です。5日、6日と出ない日は日常茶飯事で、出た時も便が異常に太く流れず、手やブラシで押して潰さないといけないのです。この作業は本当に憂鬱でした。
また便秘時にランダムで突然発生するのがものすごい体臭です。一度、高校の文化祭の予行演習で、体育館に椅子を並べてクラスみんなが座っている時この悪臭が立ち込め始め、「何かクサくない…」という声が漏れてきました。私は絶対に自分だとバレたくないので即体調不良を訴えて早退しました。
便秘時のイライラと、なんでこんなことしなきゃいけないんだという情けない気持ちで、最悪の1日でした。出ないとイライラ、出ても便を潰す作業で憂鬱、10代の激しい便秘はトラウマです。
食べたいものはありません。何故なら、私の便秘は納豆ヨーグルトでほぼ解消したからです。これを試すまでは、果物や野菜、あらゆる便秘薬を試したのですが効果が曖昧だったり、効きすぎてお腹を下しまたリバウンドで激しい便秘になったりとどれも一長一短でした。
ある時、納豆+ヨーグルト、納豆+はちみつ、納豆+大根おろしが腸内の細菌状況を一気に改善し、、便秘も解消できると聞いたので試してみたのですが、はちみつと大根おろしは効果を感じなかったものの、納豆+ヨーグルトには「お腹を壊すことなく、朝毎日出る効果が長期間続く」というまさに私の求めていた理想的な効果が確認できました。
以後は毎日この組み合わせを寝る前に食べています。普通は数日に分けて使う大きめヨーグルトの容器にパックの納豆1つ、タレなどは使いません。これでほぼ間違いなく朝普通の通じがあるのです。