我慢と水分不足が便秘を呼ぶ!

排便をしたいと思っててもトイレに行けず我慢し続けた結果便秘になったことがあります。長いものであれば一週間排便が無かったことがあります。
当時は食生活も朝食を食べなかったり、深夜残業をしていたため夕食が深夜0時過ぎになったりと乱れていました。また、運動もほとんど行わずデスクワークでの仕事が多く、ストレスもありました。我慢し続けていると、急な腹痛が襲ってきます。
そこで排便が出来ればいいのですが、便が詰まっているためどんなに踏ん張ってもなかなか出てこず、やっと出てきたと思ったら今度は多量の軟便が次々と出てきます。ちょうど、噴火を抑えていた火山がマグマが吹き上がって一気に出る感じと似ています。
その後も残便感があり何度もトイレに行かないと腹痛がしました。 便秘の改善に向けて取り組んだのが十分な水分摂取と根菜類の接種です。ビールは飲まないのですが、あまりお茶やコーヒーすら飲まずに仕事をしていたため1日当たりの水分摂取量も500ccと非常に少ないものでした。
また、食事が不規則なだけでなく偏った栄養バランスにあったため腸の煽動運動が弱くなっていました。深夜遅くにカップラーメンを食べたり、脂っこいものを食べたりしていたため肥満体質と健康診断の時に判断されていました。体調の異変に気づいてから便秘をどうすれば良いかを定期健診の際医師に相談したところ、食物繊維と水分の摂取をしてくださいとの忠告されました。
最初は下剤を服用したりして排便を促していたのですが、1日2000ccほどの水分摂取と、野菜類特に芋類を積極的に取ることで腸の状態も徐々に良くなって排便がスムーズに行くようになりました。

知ってた?本葛が便秘に効果があるとか!?

元々便秘気味なんですが、生理前になると特に酷いです。いつも1週間なんて当たり前で、お腹が張って気持ちが悪くなるくらい溜め込んでしまいます。
市販の便秘薬を飲んでも中々出ないから、食欲がなくなったりイライラしたり身体が怠くなったり…自分だけじゃなく家族や職場の人にも迷惑をかけてしまいます。
水分が足りないのかもと思い1日1.5L水を飲むように心がけていますが、今の所あまり効果はないようです。他にも寝る前に運動をしてみたり自分でも出来ることはやっているのつもりですがこちらも効果はなく…。
慢性の便秘が大腸癌の原因になるという話も聞くので、これ以上酷くなるなら病院に通うことも考えなければならないなぁと思っています。何にしても便秘は本当に憂鬱です…。
最近友人から『本葛』が便秘に良いと聞いて興味が湧いています。本葛には整腸作用や腸内洗浄の効果があるそうで、さらにカロリーも低いのでダイエットにもなり一石二鳥!
毎年冬になると葛湯をよく飲むのですが、今までは安い市販の味付きの葛粉(さつまいもでん粉)をお湯に溶かして飲んでいただけなので、今年からは思い切って本葛の葛湯にしてみようかなと考え中です。ただ値段が本当に高いんですよね…。
でも便秘予防の漢方やダイエットサプリを買うよりも多分安く上がる…ような気がするので、出来る限り続けてみて効果のほどを確認したいと思います。本葛には他にも代謝アップや精神の安定(イライラの解消)にも作用するそうなので、便秘予防ついでに他の効能にも期待しています!

ついに妊娠四か月!つわりは相変わらず、、。

あっという間に妊娠4か月に入りました!
つわりの方は相変わらず、、。毎朝気持ち悪くて目が覚めます。ここ数日は旦那の朝ごはんもとても作れる状態じゃないので、コンビニで買っていってもらっています。申し訳ない、、けどどうしようもありません。
4か月くらいだと、まだお腹が目立たない人が多いって聞いたんですけど、私の場合はもう結構お腹が出てきて、ゴムのゆったりしたスカートじゃないと入らなくなってきてしまいました!昨日は、私が妊娠していることをまだ伝えてなかった友達にばったり出会ったのですが、「まさか、赤ちゃん?」とまだ何も言ってないのに言われてしまい、そんなに傍目からもわかるくらいお腹が出てきてるのか!とびっくりしてしまいました。
そろそろマタニティー服なんか買いに行きたいのですが、具合が悪くてなかなか行く気になりません。
お買い物も料理もままならないのに、なんだか特別なものばかり食べたくなっちゃって困るなあ。私の中での最近のブームはメロンとグレープフルーツで、それが食べたい、っていうよりは、今それを食べなければならないのだ!みたいに情熱的に食べたくなっちゃうんですよね。この前は旦那にグレープフルーツ買ってきて、って言ったら旦那の行ったスーパーにグレープフルーツが売ってなかったらしくて、代わりにオレンジを買ってきてくれたのですが、違う、これじゃないの!ってなってしまって、結局旦那は遠くのスーパーまで車で行ってもらったことまでありました。量はそんなに食べてもいないのですが、体重は既に2キロプラス。これが全部お腹についてるのかなあ。このままどんどん増えていったら赤ちゃんが生まれるころにはどうなってしまうんだろう!

食物繊維で便秘予防

健康診断でメタボリック判定を受け、生活改善指導を受けたことが便秘になるきっかけでした。
持病の薬の副作用として便秘になりやすいという項目があったのですが、とにかく量を食べるので毎日お通じはあり、自分には関係ないものだと思い込んでいました。
しかし、食事制限がかけられると症状が如実にあわられはじめました。毎日あったお通じが2~3日に1回ぐらいになりましたが、最初は食事量がこれだけ制限されれば出なくても当たり前なのだろうと気にしていませんでした。
明確に問題意識を感じたのは腹囲がメタボリックラインの85センチを切った頃です。その頃には1週間に一度ぐらいしかお通じがこず、下腹が硬く張りつめて四六時中苦しい上、しかもかなり時間をかけていきまないと排便できないという2重の苦しみを味わいました。

便秘のときに食べたいのは水溶性食物繊維を含むこんにゃくやわかめやもずくといった海藻類と、不溶性食物繊維をもつ豆類やこぼう・たけのこ・ブロッコリー等の野菜類ときのこ類です。バランスとしては水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を1対2ぐらいの割合です。
理由は定期健診の際、医者に症状を相談したところ原因はバランスの悪い食事にあると指摘されたためです。脂肪が順調に落ちていくのが楽しくなり、行き過ぎた食事制限をかけたことが悪かったらしく、しかも食物繊維に水溶性と不溶性があることを知らず不溶性食物繊維ばかり摂取していたことが便秘に拍車をかけていた模様で、上述の食材と比率を指導されました。
なお不溶性食物繊維では芋類もあるのですが、さつまいもや里芋は炭水化物量も多く、自分の場合、その分お米の量を計算しなければならないためカロリー計算の理由から個人的に除いています。